あしすと設計が得意なもの|住宅設計・リフォーム・耐震診断・古民家再生なら高知県の設計事務所あしすと設計

高知県の住宅設計・リフォームのことなら、あしすと設計

営業時間

9:00~18:00

定休日

日曜日

0888216581

高知県高知市南万々35

あしすと日記

あしすと設計が得意なもの

あしすと日記 2020年04月03日

数ある「設計事務所」の中で、「あしすと設計」が他と少し違うところは、

若いころの修業の場が「設計事務所」ではないことです。

 

地元工務店に3年。この時に、在来木造の造り方を学びました。

全国規模のハウスメーカーの「建築社員」として10年。

2×4工法の住宅の設計、現場管理。建築社員一人当たり10件くらい担当していました。

10件の内半数が施工中、他が設計中。

そのほかに、営業社員に同行して、契約前のお客様の提案プラン作りもしていました。

それから、地元不動産会社の「管理建築士」として3年。

建売住宅の設計と、現場監督をしていました。

 

これらの経験から、ほかの「設計事務所」よりは施工が理解できているつもりです。

それも、昔からの造り、大工さんの仕事がある程度わかります。

 

そこで、これからは「リノベーション」「リフォーム」に特化して仕事をしたいと思っています。

実は「新築」はある程度の知識があれば、一から作り上げるので、何とかできますが、

「リノベーション」「リフォーム」はその建物の元の造り方が理解できないとできません。

耐震改修の仕事を通して、痛感しました。

若い耐震診断士に「壊したほうがいい」と言われた建物を、

少ないコストで耐震化した案件がいくつもあるからです。

 

現在の工法からは「×」とされても、

実は、(見えない部分で)それを補う仕事がされている場合が多いのです。

そして、若い設計士はそれを知りません。

 

見たところ「壊すしかない」と思われていたものが、きれいに直るかもしれません。

ぜひ、あしすと設計にご相談ください。

 

無料相談受付中

0888216581

電話受付時間

9:00~18:00(時間外対応可)

定休日

日曜日

お知らせ
一覧はこちら

夏季休業のお知らせ
「一人ぼっちの設計事務所」に戻りました!
営業時間変更のお知らせ

あしすと日記
一覧はこちら

あしすと設計が得意なもの
民家の魅力
天空のギャラリーについて続報!

民家の研究
一覧はこちら

なぜ、高知の中山間地域に「長州大工の家」が多いのか?
「長州大工」の「長州」について
民家の研究について

ページトップへ