なぜ、高知の中山間地域に「長州大工の家」が多いのか?|住宅設計・リフォーム・耐震診断・古民家再生なら高知県の設計事務所あしすと設計

高知県の住宅設計・リフォームのことなら、あしすと設計

営業時間

9:00~18:00

定休日

日曜日

0888216581

高知県高知市南万々35

民家の研究

なぜ、高知の中山間地域に「長州大工の家」が多いのか?

民家の研究 2018年06月06日

前回、「長州大工」について、書きましたが、それ以降、四国の中山間地域で、6件ほど、耐震改修設計をさせていただきました。いわゆる「農家住宅」です。

庄屋さんと小作の関係が改変されたのは昭和20年以降だと思われますが、それよりも以前に建てられた住宅です。

中には、「地下」に当たる部分が石積みで、「厩」として使われていたとのお話もありました。

なぜ、明治の初めごろに建てられた、「長州大工」の家が多く現存するのかが疑問でした。

それの一つの答えを、「高知の建物の歴史」を「あっちこうち学団」のメンバーと話している中でいただきました。

もともと、高知の民家は柱直建(土に柱を埋める)方式(=堀建柱)だったようです。

そのため、柱が腐り、あるいは蟻害にあい、現存しにくいのだということでした。

高知の古い住宅で、安易に柱を途中で切られているものを見ることが多いのは、そのせいかもしれません。

土に埋めた部分が腐食し、その部分を新しくするために、途中で切断して継いだりしていたのかもしれません。

そんな中、「イシバダテ」の「長州大工の家」は新鮮だったのでしょう。

柱が腐りにくい、柱と柱を大きな梁でつなぐ工法なので、床下の換気が良いなどの理由で、建物の寿命が画期的に伸びたのでしょう。

そして、それが評判になり、我も我もと、「長州大工の家」が増えたのではないでしょうか?

中には、評判を聞いて、その工法を身に着けようと、地元の大工が模倣したものもあるかもしれません。

そのようにして、高知の中山間地域に「長州大工の家」が多数建てられ、大切に使われ、現在に伝えられているのだと思います。

大切に使われてきた家だからこそ、それがたとえ「空き家」であっても、上手に改修して活用できるようにして残してあげたいと思います。

 

無料相談受付中

0888216581

電話受付時間

9:00~18:00(時間外対応可)

定休日

日曜日

お知らせ
一覧はこちら

夏季休業につきまして
GW営業のお知らせ
あけましておめでとうございます。

あしすと日記
一覧はこちら

民家の魅力
天空のギャラリーについて続報!
設計料無料?

民家の研究
一覧はこちら

なぜ、高知の中山間地域に「長州大工の家」が多いのか?
「長州大工」の「長州」について
民家の研究について

ページトップへ